住軽日軽エンジニアリング ホーム会社概要製品紹介実績紹介最新情報カタログ請求お問合せサイトマップ
製品紹介実績紹介技術情報関連リンクカタログ請求お問合せ
戻る
アルミニウムの加工
●圧延 圧延とは、平行に置かれたロールとロールの間にスラブ(鋳塊)を通し、所定の厚さに薄く延ばす加工方法です。スラブの鋳造組織は破壊され、均質な性質になります。
圧延加工はスラブを加熱して加工する熱間圧延と、スラブを常温で加工する冷間圧延に分けられます。
熱間圧延によって薄く延ばされ、スラブの鋳造組織から厚板の圧延組織に変わった薄板を、冷間圧延によって仕上げます。

●押出形材 押出加工とは、押出機でビレット(円柱の鋳塊)に圧力を加え、各種の形状を持つダイス穴を通し製品をつくる加工方法です。
この方法によって、加工の難しい複雑な断面形状の製品や中空品などを容易に作ることができます。

●鍛造 鍛造とは、素材を油圧や水圧プレス、ハンマーなどで鍛練し、成形する方法です。
鍛造は平らな金敷の上で押しつぶして成形する自由鍛造と、製品の形を彫った上型・下型で成形する型鍛造に分けられます。
鍛練することで素材は粘り強くなるため、鍛造品は強度が大きく繰り返し応力にもよく耐えます。

●鋳造 鋳造とは、アルミ合金を溶融状態にし、鋳型に流して冷却し、所定の形状の製品(鋳物)をつくる方法です。
鋳造には砂型鋳造・金型鋳造・低圧鋳造・ダイカストなどがあります。

最終製品のための加工技術
上記の加工により出来上がった製品に、さらにさまざまな加工を施すことにより最終製品となります。この加工技術には以下のようなものがあります。

▲ ページの先頭へ
ホーム会社概要製品紹介技術情報 | 実績紹介最新情報カタログ請求お問合せ | 個人情報についてサイトマップ
Copyright(C) Sumikei-Nikkei Engineering Co.,Ltd. All rights reserved.