• 最新情報
  • カタログ請求
  • お問い合わせ

技術情報

アルミニウム合金製防護柵表面処理

アルミニウムに表面処理を施すことによって、耐食性がよく、景観性に優れた製品となります。

住軽日軽エンジニアリングの製品は、陽極性酸化塗装複合皮膜と焼付塗装を施しております。

渚橋 陽極性酸化塗装複合皮膜 KSB色

陽極酸化塗装複合皮膜について


●表面処理の構造 染料による染色とは機構が全く異なっていますので、着色層が変色したり、剥げたりすることがありません。


●色調バリエーション 色調は落ち着いたブラウン系で、淡色から黒色までの広い範囲に対応。
完全自動化された最新の自動表面処理設備を使用して量産しますので、安定した高品質が保証されるだけでなく、短時間での納品が可能です。

ステンカラー色 KLB色 KOB色 KSB色 シルバー色 DG25色


※製品とカラーサンプルとは、多少の色調差異を生ずる場合があります。


●皮膜 JIS H8602 規格は、2010年に仕様規定から下記の性能規定に変更されており、当社では一般的にA2を標準としています。


注a)耐候性は、キセノンランプ式促進耐候性試験又はサンシャインカーボンアーク灯式促進耐候性試験のいずれかの試験を行う。
b) 複合耐食性試験は、紫外線蛍光ランプ式促進耐候性試験を行った後、キャス試験を実施する。

※海岸・工場地帯など厳しい条件下での表面処理については営業担当者にご相談ください。

焼付塗装について


●標準焼付塗装 アクリル樹脂塗料の焼付塗装又はポリウレタン樹脂塗料の焼付塗装も行っております。


※アルミ鋳造品の電解着色仕上げ(陽極酸化塗装複合皮膜)はできませんのでご注意ください。

ステンカラー色 KLB色 KOB色 KSB色 シルバー色 DG25色


※製品とカラーサンプルとは、多少の色調差異を生ずる場合があります。


●特殊塗装

石目調・木目調仕上
自然の質感を再現した仕上。

景観に配慮した防護柵の色彩について


鋼製防護柵における『景観に配慮した道路附属物等ガイドライン』に対応した(一社)日本塗料工業会の塗装色です。
◆『景観に配慮した道路附属物等ガイドライン』鋼製防護柵対応色◆
景観配慮 基本色彩 日塗工対応色(J版)
グレーベージュ(薄灰茶色)
10YR6.0/1.0程度
J19-60B
10YR6.0/1.0
ダークグレー(濃灰色)
10YR3.0/0.2程度
J19-30A
10YR3.0/0.5
ダークブラウン(こげ茶色)
10YR2.0/1.0程度
J19-20B
10YR2.0/1.0
オフグレー(薄灰色)
5Y7.0/0.5程度
J19-20B
10YR2.0/1.0
※実際の色調は色見本帳またはカラーサンプル帳でご確認ください。
PAGE TOP