住軽日軽エンジニアリング ホーム会社概要製品紹介実績紹介最新情報カタログ請求お問合せサイトマップ
製品紹介実績紹介技術情報関連リンクカタログ請求お問合せ
防護柵の技術情報
たわみ性アルミニウム合金・コンクリート複合型防護柵 実車衝突実験のご報告

日本道路公団殿が平成14年10月29日に国土技術政策総合研究所で実施した「たわみ性アルミニウム合金・コンクリート複合型防護柵(種別SB)」の実車衝突実験についてご報告申し上げます。
なお、本実験の供試体は(一社)日本アルミニウム協会が提供致しました。

目的
1.剛性アルミニウム合金・コンクリート複合型防護柵の軽量化を図る。
2.複合型防護柵開発当初からの目的である視界性の向上を図る。
3.剛性アルミニウム合金・コンクリート複合型防護柵より景観性に優れたものとする。


実験結果
国土技術政策総合研究所実車衝突実験場にて「たわみ性アルミニウム合金・コンクリート複合型防護柵」に対する実車衝突実験をおこなった結果、すべての条件において成功を収めました。

1.車両の突破・横転などはなく、安全性の確認がとれた。
2.衝突後の車両を円滑に誘導した。
  ・離脱速度:衝突速度の60%以上が保たれた。
  ・離脱角度:衝突角度の60%以下が保たれた。
3.構成部材の飛散などはなく、安全性の確認がとれた。

▲ ページの先頭へ
ホーム会社概要製品紹介技術情報 | 実績紹介最新情報カタログ請求お問合せ | 個人情報についてサイトマップ
Copyright(C) Sumikei-Nikkei Engineering Co.,Ltd. All rights reserved.